CLOSE BEFORE

Y.Eさん写真

再開発ビル管理室

Y.Eさん

入社4年目(新卒)

人事の女性に一目惚れ

入社を決めた理由は、面接のときにお会いした人事部の方でした。その方の姿を見て、私も彼女のような働く女性になりたいと思ったことが自分の中で1番大きかったです。休みの日は、ライブや観劇にかこつけてプチ旅行にでかけ、美味しいものを食べるのが楽しみです。

いい意味で性格が悪くなった!?

自分が顧客であれば、自分の言動をどう感じるかを常に意識しています。担当者としての立ち居振る舞い方や、協力会社及び現場職員とどのように良い関係を構築していくか等、一歩引いた視点からどんな立ち回り方がベストなのかを考えられるようになったことは、良い意味で性格が悪くなったし、同時に一歩成長したかなと思います。
以前、築年数が30年近いマンションで、配管の全更新と大規模修繕をほぼ同じタイミングで実施しなければならなくなりました。築年数からすると居住者にもご高齢の方が増えており、工事に伴う負担は大きなものでしたが、一所懸命頭をひねって作成した資料で住民の理解を得られ、工事に取り掛かれるようになった時は、ホッとしました。
組合運営をサポートしていると、管理組合と心境的に運命共同体のような気持ちになります。実際に私が住んでいるわけではないのですが、修繕工事などが完了して、これからもっと住み良いマンションに生まれ変わると思うと、自分のことのように嬉しくなります。異動に伴って担当物件を離れる際にお客様が惜しんでくれたことや、同時にステップアップだと応援してくださったことは、今でも励みになっています。

学生へのメッセージ

日本管財の仕事は現地で頑張ってくださっている現場職員あってこそ。顧客だけでなく様々な方との連携が運営していく上で大切です。そのため、老若男女問わず、人とコミュニケーションを取ることが好きな方は業務の楽しさを感じられると思います。
また仕事柄、理事会運営などで土日出勤の場合もありますが、代わりに平日に休みを取れます。普段混雑するような場所にのびのび行けるため、案外充実していますよ!

同期のインタビュー