CLOSE BEFORE

I.Kさん写真

プロパティリスクマネジメント室

I.Kさん

入社11年目(中途)

起床→出社→退社→踊る→帰宅→就寝

趣味はダンスや登山など、活動的な方で、休日はアクティブに動いています。また休日だけでなく平日も、会社帰りにダンスに通っています。

座右の銘は「人間万事塞翁が馬」。

長期プロジェクトに、誠意、熱意、人柄で向き合った

コンサルティングは、顧客との長いお付き合いが必要になります。新規の耐震診断の営業からお付き合いのはじまった顧客から、耐震設計、耐震改修監理まで当社に業務を依頼頂いたことがありました。耐震診断完了までに約1年、耐震設計に約1年、耐震改修監理から報告書提出までが約1年と3年間の長期にわたる業務を、一つ一つプロセスを踏みながら実施しました。
まず、耐震診断では、予備調査からはじまり、現地調査へ。現地調査で、建物の劣化状況、躯体のひび割れ状況、部材調査など建物の現状を把握し、耐震診断の計算を実施しました。計算結果の第三者機関による確認後、補強案を作成し、スピード・コスト・入居テナントへの影響を判断軸に、補強の方向性を決定し、改修工事を行いました。顧客への誠意・熱意・人柄でこの3年を乗り越え、無事引き渡しが出来たときには大変やりがいを感じました。
また、指導していた部下から、「建築学会に出した論文が、大会学術講演会 若手優秀発表賞を受賞した」との大変喜ばしい報告を受けたことも、印象深い出来事です。
→工事担当者のインタビュー(エンジニアマネジメント本部U.T)

学生へのメッセージ

直面する事象に関しては、マクロ・ミクロの両視点で観察することが大切です。両視点で観察しないと仕事の本質を見誤ってしまいます。
また、PRM室は定型業務がほとんどないため、自ら考えて行動する、といったような前向きな姿勢を大切にしてほしいです。

部下のインタビュー