CLOSE BEFORE

O.Mさん写真

ITソリューション室 室長

O.Mさん

入社17年目(新卒)

たくさんの同期と部下に囲まれて

私が就職活動を行っていた当時、日本管財は上場して間もない企業であり、会社の成長に合わせて様々な仕事に携わることが出来るのではないかと感じたことが入社の動機です。

異動や転勤の経験から、どの部門へ行っても顔見知りがいること、それぞれの知識が蓄えられていることは、はからずとも今の業務に活きているかもしれません。

毎日の業務の基盤をつくる

IT部門へ異動してきてから、財務会計・経費精算系システムの刷新、営業支援システムの導入、財務会計・人事給与システムのグループ展開、そして現在は基幹システムの刷新に向けて取り組んでいます。導入展開を進めてきたシステムを、日本管財グループの全社員が活用し、日々の業務が動いていると思うと非常にやりがいを感じます。
グループ会社の統廃合、ITシステムの構築・展開など、日本管財内、グループ会社、ITベンダーなど様々な人たちとプロジェクト的に仕事をすることが多く、その中で知り合った方から、「ありがとう、また一緒に仕事をしよう」と声をかけてもらえたときは、私の人間性含めて認めてもらえたような気がして嬉しいなと思います。
また、仕事において大切にしているのは、シンプルですが逃げないこと。たとえ嫌だと思っても、少しずつでも動いていれば、何かが変わり前に進めると思うからです。

学生へのメッセージ

IT部門と聞くとマニアックな技術者集団といったイメージがあるかもしれませんが、専門的なコア部分はIT会社に任せたら良いと考えています。ITに興味がある、プロジェクトとして皆で何かを作り上げる、という思いがあれば大丈夫です。
また、当部門に限らずですが、コミュニケーション能力は欠かせません。社内の本当のニーズを集約して、社内外の人々と調整して具現化させる。多くの関係者の間に入って、調整しながらプロジェクトを遂行するには、コミュニケーション能力は非常に重要です。

部下のインタビュー

同期のインタビュー