CLOSE BEFORE

T.Jさん写真

プロパティリスクマネジメント室

T.Jさん

入社4年目(新卒)

建築に再び恋をしました

社会人になってから始めたテニスが、良い気分転換になっています!

建築学科を卒業しているのですが、今更ながら建築に目覚め、休日も建物や都市を見に行くことが多いです。

謙虚でいるから成長できる

地方公共団体向けのコンサルティングサービスを主な業務としています。最も印象深かったのは、入社2年目に取り組んだ公共施設等総合管理計画の作成支援業務です。総務省により、老朽化した公共施設の対策が課題となっている地方公共団体に、建物の長寿命化や統廃合を行いながら財政負担の軽減を目指す計画策定が要請されました。当社は、国の基準に沿うように、公共施設の適切な管理計画の策定を行う自治体を支援しました。
本業務を進める上で苦労したことは、当社で初めて受注した業務であったため、業務のプロセスから成果の内容まで自分で新しく考えなくてはならなかったことです。そのため、社内外から情報を集め、試行錯誤しながら進めました。今振り返ると、苦労はしましたが、ある意味で自分の決めたことがそのまま反映されたため、非常にやりがいがあったと思います。
仕事をする上で、「謙虚であること」は、常に意識しています。謙虚であるからこそ他の人から学ぶことができ、成長に繋がるからです。仕事が上手くいっている時ほど、謙虚さを忘れないようにしたいです。

学生へのメッセージ

近年では建物を、企画・設計・施工・運用・解体といったライフサイクルで捉え、マネジメントすることが重要になってきています。維持保全の観点から施設の企画をする、という需要は今後も増えていくと思います。まちづくりへ興味がある方は、ぜひ応募していただきたいです。
好奇心旺盛で何事にも積極的に取り組める方であれば、楽しく仕事ができるでしょう。

上司のインタビュー

同期のインタビュー