CLOSE BEFORE

H.Tさん写真

九州本部

H.Tさん

入社3年目(新卒)

建物で、人の役に立ちたい

小さい頃から建物に興味があり、建物を通して人々の役に立つ仕事がしたいと思っていました。なかでも建物管理を選んだのは、より多くの建物に携わることができ、仕事内容が自分に合っていると感じたからです。

今となっては、良い経験

印象に残っている仕事は、入社して初めて新規物件の立上げに携わったことです。業務開始までに行うことは多く、清掃及び警備の契約内容確認、協力会社との業務内容の擦り合わせ、各種書類の届出、日報・月報の帳票作成、現場従業員の採用、契約書作成など。特に大変だったのは、警備関連業務で、開館・閉館を規定時間通り進める手順を決めるときでした。鍵の本数も多く、シャッター動作やパーテーションの撤去、セキュリティー解除など、段取り良く設定し、かつ、従事する全現場従業員へ周知し、確実に実施されるようにしなければなりません。わからないことも多々ありましたが、上司や同僚の助けを借りながら無事立ち上げを完了させることができました。立上げ当時は、辛いと感じる事もありましたが、今となっては、良い経験だと思えます。
仕事を通じて、顧客や現場従業員の立場で物事を考え、仕事一つ一つに責任をもって取り組めるようになったと感じています。
また、仕事をする上では、業務内容の確認と経過報告を大切にしています。業務を細かく確認することで、ミス防止や期日管理の徹底につながりますし、経過報告をすることで、間違った方向に進むことなく効率よく仕事を進められると考えています。

学生へのメッセージ

就職活動は、自分の将来像を考えながら行うことがとても大切です。自分がどうなりたいか、といった将来像や目標をきちんと持って活動できるかどうかで、物事に対するモチベーションや取り組む姿勢が大きく変わってきます。
どんな環境に置かれても、常に将来輝いている自分をイメージして、頑張ってください!!

上司のインタビュー

同期のインタビュー