トップ > WAFM(広域施設管理)システム

WAFM(広域施設管理)システム

リニューアルでさらに、機能アップしました!!
日本管財は公共施設・商業施設を問わず、すべての建築物において効率的な運営と計画的な維持管理を目指し、ネットワークによるファシリティマネジメントシステム(広域施設管理システム:WAFM®)を構築してまいりました。WAFM®システムは経営情報とリンクした数値管理により、適切な費用効果の管理運営を提供するシステムです。
この度、エネルギー管理や施設情報共有システムとの連係によるサービスレベルの向上を目指して機能アップを図りました。
リニューアルされたWAFM®システムは、改正省エネ法や東京都環境確保条例への対応、情報蓄積・共有機能を有するLEADシステムとの連係をリーズナブルなコストでご提供致します。

WAFM®(広域施設管理)システムとは?

遠隔地にあるビルも365日・24時間リモート管理。安全性、信頼性の向上はもちろん、コスト削減も実現します。

WAFM®システムの特長

  • WAFMセンターと群管理拠点では、熟練スタッフが24時間監視しており、異常時や緊急時の一次対応も万全です。
  • 定期的、継続的なデータ収集により、きめ細かい保守や設備の改善を実現できます。
  • 継続的にデータを収集・分析することで、省エネルギーなどの運用支援から経営支援に至るまで、管理運用に関する各種の改善提案が可能です。
  • 建物管理や設備の運転監視に要する人員の削減が可能です。
  • 建物の規模によっては、昼間の管理業務の無人化も可能です。

エネルギー管理

WAFM®システムの拡張機能で、改正省エネ法における特定事業者の責務を建物管理の立場から強力にサポート致します。

こんな悩みにお応えします
伝票は手元にあるが、データ入力し整理するのは大変だ!
何十件もの施設エネルギーデータを収集するのに手間が掛かる。
伝票を整理し、保存するのが苦手だ!
エネルギーデータは沢山あるが、有効的な分析ができない。
エネルギーデータから定期報告書の作成ができない。
省エネ法の中長期計画書が作成できない。

LEADシステムとの連係

情報共有サーバーを設け、WAFM®システムのエネルギー情報をLEADシステムに蓄積することで情報を共有します。

LEADシステムの特長
複数建物の管理状態を容易に把握でき、経営や運営に役立てることができます。
建物情報(建物基本台帳・図面・修繕履歴・エネルギーデータ・届出書類等)の一元管理が可能となり、情報検索の効率化により管理計画作成等でお役に立ちます。
建物データの分析・加工により、お客様のニーズに応える情報を提供します。

WAFM®システムについてさらに詳しくみる