日本管財株式会社

お電話でのお問い合わせはこちらから

マーケティング推進室

TEL 0789-25-5000

受付時間 9:00~18:00[土・日・祝日除く]

分散するキャンパスと複数の建物を保有している大学様では、資産管理に関する様々なお悩みを持たれています。日本管財は、建物資産管理を効率的に、限られた財源を有効に活用するためのお力添えをさせていただきます。

こんなお悩みはありませんか?

01 複数ある建物の運用・有効活用に関する支援が欲しい

古い建物をリノベーションして貸し出したい等、不動産運用で悩まれている大学様は少なくありません。

日本管財グループは不動産に関するフルラインサービスを揃えています。どんなお悩みでもご相談いただければ必ずお役に立てます。

INTERVIEW

日本管財グループの総合力

営業統轄本部 マーケティング推進室
中島五大 インタビュー

建物・不動産を運用するノウハウが豊富な日本管財グループだからこそ、総合的・長期的なサービス・ご提案が可能です。

詳細はこちら

日本管財グループの不動産フルラインサービス

不動産の運用

アセットマネジメント【AM】

投資を目的とした不動産の買収、
売却、財務の分析、資産価値の評価等

不動産の運営

プロパティマネジメント【PM】

不動産価値向上を目的とした
建物の運営

  • テナント管理
  • アカウンティング業務
  • レポーティング
  • リーシングマネジメント
  • コンストラクションマネジメント
  • 販売促進

不動産の管理

ビルメンテナンス【BM】

  • 設備管理業務
  • 清掃業務
  • ライフサイクルマネジメント
  • エネルギーマネジメント
こんなお悩みはありませんか?

02 施設管理に要する負担を減らしたい

設備・警備・清掃を個別に発注した場合、大学様で数十社の協力会社を取りまとめているケースは少なくありません。

日本管財は、統括管理会社として豊富な実績とノウハウ、有能な統括管理者を有しています。

施設管理のことは全て日本管財にお任せいただくことで、大学様の労務負荷を削減できます。

INTERVIEW

大学様ファーストの統括管理力

統括責任者
須藤徹也 (東京理科大学) インタビュー

細かいことも見逃さない五感を使った点検・見回り・清掃から、大学様の資産を守るためのご提案までを行っています。

詳細はこちら
大東文化大学東松山キャンパス

管理実績: 大東文化大学東松山キャンパス

大東文化大学東松山キャンパス

管理実績: 大東文化大学東松山キャンパス

鹿児島大学農学部

管理実績: 鹿児島大学農学部

東京理科大学葛飾キャンパス

管理実績: 東京理科大学葛飾キャンパス

北海道大学農学部

管理実績: 北海道大学農学部

こんなお悩みはありませんか?

01 建物の修繕や改修工事等に関して、限られた財源で効果的に投資したい

計画的な修繕や突発的な修繕等、建物は築年数とともに多額の工事費がかかってきます。

限られた予算をどこに投下するのか、その判断に悩まれている大学様は少なくありません。

日本管財は、大学全体/キャンパス単位/棟単位で限られた財源を効果的に投下するための評価指標づくりをお手伝いします。

A棟(築5年)修繕計画
B棟(築10年)修繕計画
C棟(築20年)修繕計画

棟毎の建物修繕計画を…

集約

当社約3,800棟の修繕工事データをもとに
周期とコストを計算!
効果的な投資の検討材料に

年間修繕投資額
INTERVIEW

日本管財のノウハウ

営業統轄本部 マーケティング推進室
稲崎進一郎 インタビュー

複数施設の一元管理の経験が豊富な日本管財だからこそ、大学様の戦略的な施設マネジメントを支えられます。

詳細はこちら
こんなお悩みはありませんか?

04 分散する施設管理情報を一元化したい

年間の点検予定や実施状況、日報、点検報告、不具合情報、修繕工事予定・工事履歴、業者見積等、施設管理では様々な情報が飛び交います。これらの情報整理に悩まされている大学様は少なくありません。

日本管財のLEAD-Webは、これらの情報を一元化し閲覧できる管理用ポータルサイトです。

各点検のスケジュール管理はもちろん、web承認機能、帳票類のペーパーレス化など、資産を適切に管理していくために有効なシステムです。

INTERVIEW

LEAD-Web の活用事例

エンジニアリングソリューション室
佐藤仁士 インタビュー

施設管理のポータルサイトは、災害時のバックアップや関連団体とのやり取りなど、様々な活用が可能なサービスです。

詳細はこちら

LEAD-Webの活用イメージ

LEAD-Webの活用イメージ

現地の報告書やエネルギーデータ等を本部スタッフが共有することで、専門的見地からの現場への助言や顧客へのご提案を
タイムリーに行うことができます。

ご担当者様が別のキャンパスにいる場合、日報や点検報告書をLEAD-Webに保管することでタイムリーに確認できます。