トップ > 公共施設の総合管理

公共施設の総合管理

PFI事業、指定管理者制度、環境関連施設事業など、公共施設のベストパートナーとして、質の高い管理サービスを提供します。

PFI事業

PFIは、公共施設の設計や建設など施設整備に加え、維持管理や運営などのサービスを安定的かつ良好に提供することが目的とされています。そのため、民間の創意工夫やノウハウを最大限に活用し、トータルコストの低減のみならず、利用者の満足度向上に資するサービスの提供が強く求められています。

さらに詳しくみる

指定管理者制度

日本管財は官から民の流れの中で、ベストパートナーとして機能します。指定管理者制度とは、これまで地方公共団体や外郭団体に限定していた「公の施設」の管理・運営を、より効率的・経済的に対応するため、民間の力を活用するもの。日本管財では体育施設、文化施設、教育施設、保健・福祉施設、地域振興施設、駐車場施設など、多種多様な公共施設の管理実績があります。今後も日本管財の強みを活かして、さらに多様化する社会ニーズにお応えしていきます。

さらに詳しくみる

環境関連施設事業

健全な自然環境と良好な生活環境を作り出す

近年、地球的規模での環境問題がクローズアップされている中、大気、水質、土壌汚染といった環境に着目し、長期的視野に立った環境保全に貢献しております。理想の循環型社会を構築させるべく、施設のトータル運営管理を目指し、安全性、効率性、対応性を基本理念として環境保全と資源の有効利用に取り組んでおります。

  • 下水道施設やし尿処理施設では、川や海などに流していた生活廃水などを、浄化して環境を守ります。
  • 上水施設では、河川などから水を引き込み浄化して、飲み水として皆様の家庭に送ります。
  • ゴミ処理施設では、家庭や企業などからでるゴミを焼却し、ゴミの減量化、リサイクルをします。

上水道施設運転維持管理業務

水道水は、人々の健康に直接影響を与えるため、常に安全でおいしい水を供給するため、細心の注意をはらって、適切な維持管理に努めています。

下水道施設運転維持管理業務

水は地球環境の中で循環しています。良好な地球環境を守るため、日夜努力をしています。

し尿処理施設運転維持管理業務

生物・化学・物理学的処理を行うことにより、し尿を浄化した上で、自然界へ循環させることにより環境保全に努めています。

ゴミ処理施設運転維持管理業務

日本では大量のゴミが工場や家庭から出されており、国土の小さい日本では焼却、分別しリサイクルすることがゴミ処理の主流になっています。
みなさまが安心して生活できるように焼却施設を効率よく、安全第一に日夜運転維持管理業務を遂行しています。

環境設備補修工事

処理場施設の設備・機器のオーバーホール全般、空調機器点検、塗装工事など処理施設の補修・点検ほか様々な工事を行っております。

環境関連商品販売

水処理に必要とされる工業薬品類・交換部品等を取り扱っております。

環境エンジニアリング事業は主として、関連会社である「株式会社日本管財環境サービス」にて行っております。

株式会社日本管財環境サービスのホームページ

その他事業

公共施設、公共サービスのベストパートナーとして、競争入札(一般・指名)や市場化テスト(官民競争入札)、PPP事業等へ、日本管財の強みを活かしてさらに多様化する社会ニーズにお答えします。

民間利用:競争入札(一般・指名)
官民競争:市場化テスト(官民競争入札等)
官民協力:PPP