トップ > 不動産投資マネジメント

不動産投資マネジメント

アセットマネジメント、プロパティマネジメントなど、不動産のポートフォリオの最適化を図ります。

アセットマネジメント

アセットマネジメント業務

日本管財がビル総合管理業務の実績を通じて培った、設備エンジニアリングのノウハウや、不動産メンテナンス のノウハウを生かして、不動産のハード面にも主眼を置いた日本管財グループならではのアセットマネジメント業務を展開します。

適切な投資物件の選定・提案

緻密なキャッシュフロー分析に加え、日本管財の設備エンジニアリングのノウハウを十分に活用し、ソフト面のみならずハード面も含めた適切な物件の「目利き」を行い、投資家様にとって最適な投資物件の選定・ご提案を行います。

不動産価値向上のための施策提案

これまでの改修・修繕工事等の実績の中で培った日本管財グループのノウハウを活用して、不動産をテナントにとって魅力的なものとし、結果として不動産の収益向上、オーナー様への収益還元に貢献いたします。

資金調達力

日本管財のビジネスモデルの堅実性、財務内容の健全性に裏付けられる金融機関からの信頼をベースに不動産投資の資金調達を有利に進めてまいります。
資金調達コストの低減さらには投資家様の投資効率の向上に貢献いたします。

アセットマネジメント業務は、関連会社である「東京キャピタルマネジメント株式会社」にて行っております。

東京キャピタルマネジメント株式会社のホームページ

プロパティマネジメント

不動産キャッシュフローの安定化成功のカギは、キャッシュインフローとキャッシュアウトフローの両面をあらゆるデータとシミュレーションにより、科学的な分析を行う以外にありません。
プロパティタイプ32種類のデータベースを構築している日本管財では、対象不動産の特性、想定又はターゲットとしているテナント、期待されるテナントリレーションから最適なマネジメントスキームの構築まで不動産キャッシュフローを最大化するプロパティマネジメントを実施いたします。

日本管財はプロパティマネジメントの専門集団として、プロジェクトの計画段階~継承・立上げ~運営管理~アッドバリュー~売却または保有までの各フェイズにおけるリスクマネジメントと最適なスキームを構築し、実際のプロパティマネジメントに反映させていきます。

さらに詳しくみる